【プレスリリース】短編小説「ガラシャ物語」シリーズを電子出版!

プレスリリースPDF(294KB)
PresReleaseGarasha


2014年4月24日

報道関係各位

京都フラワーツーリズム推進協議会
http://i2navi.net

短編小説「ガラシャ物語」シリーズを電子出版!
細川ガラシャゆかりの地域・人物を描いた「まちおこし小説」

■細川ガラシャを題材とする「まちおこし小説」、Kindle(キンドル)から電子出版

地域振興・観光振興を図る京都フラワーツーリズム推進協議会は、短編小説「ガラシャ物語」シリーズを電子書籍化し、Kindle(キンドル)から電子出版を開始しました。

直木賞を受賞した安部龍太郎さんなど著名作家11名と一般公募による短編小説「ガラシャ物語」シリーズの電子書籍です。
新進気鋭の人気クリエイターが表紙イラストを作成しています。

5月1日から無料ダウンロードキャンペーンをおこないます。

■短編小説「ガラシャ物語」シリーズについて

「ガラシャ物語」は、細川ガラシャにゆかりのある地域と人物を題材とする「まちおこし小説」です。
読者が実際にガラシャゆかりの地を訪れ、その場所に立って物語を楽しむことを想定して書かれているため、各編はさらりと一読できる2,000字程度の短いストーリーとなっています。

「ガラシャ物語」企画は、2011年4月に、細川ガラシャゆかりの長岡京市、宮津市、京丹後市、亀岡市、福知山市、大山崎町、舞鶴市の7市町が大河ドラマ誘致推進協議会を設立したことを受けてスタートしました。
短編小説「ガラシャ物語」シリーズは、上記7市町のいずれかを舞台とし、細川ガラシャやその父・明智光秀、ガラシャの夫である細川忠興、忠興の父・細川幽斎(藤孝)のいずれかをモチーフとして描かれています。

シリーズに名を冠する細川ガラシャは、戦国時代、明智光秀の娘として越前国(現在の福井県福井市)に生を受け、山城国長岡(現在の京都府長岡京市)の細川忠興に嫁いだ後、丹後国宮津(現在の京都府宮津市)や丹後国味土野(現在の京都府京丹後市)、丹後国田辺(現在の京都府舞鶴市)などで過ごしました。
当代屈指の美貌と才気に恵まれ、豊臣秀吉の禁教令下にもかかわらずキリスト教を信仰し、関ヶ原の合戦前夜に壮絶な最期を遂げた細川ガラシャは、戦国時代を生きた女性の中でも特に人気の高い人物です。
garasha
イラストレーターTaMaさんによる『ガラシャ物語全集』カバーイラスト

■電子書籍のオンライン書店「Kindleストア」で販売開始

2014年4月、短編小説「ガラシャ物語」シリーズをKindleで電子出版しました。
全36作品(著名作家による書き下ろし作品15点、および一般公募作品21点)から成る「ガラシャ物語」は、各作品1編での単独形態と36作品すべてを収録した『ガラシャ物語全集』が、電子書籍のオンライン書店「Kindleストア」にて販売中です。

【Kindleストア販売価格】
各1編(2,000字程度):99円($0.99)
『ガラシャ物語全集』:488円($4.99)

Kindke端末を利用する、あるいはスマートフォンやタブレットに対応したKindle無料アプリをインストールすることで「ガラシャ物語」を始めとするKindle本の閲覧が可能となります。

■著名作家陣の夢の競演! 話題のイラストレーターにも注目!

短編小説「ガラシャ物語」シリーズには、文壇で活躍する著名作家の書き下ろし作品が多数収録されています。
2013年に『等伯』で第148回直木賞を受賞した安部龍太郎さん、デビュー作『花宵道中』の映画制作で話題を集める宮木あや子さん、バスガイドを務める傍ら第1回団鬼六賞大賞を受賞し京都が舞台の官能小説やホラー小説を発表する花房観音さん、ホラー小説からSF・推理小説まで幅広いジャンルの作品がある小林泰三さんなど11名の人気作家に原稿を寄せていただきました。

また、著名作家による作品にはすべて美麗な表紙が装丁されています。
『不祥事』『銀行総務特命』(池井戸潤 著)のカバーイラストを手掛けた大前壽生さん、ホラー系イラストで人気を博する近藤宗臣さんを始め、新進気鋭のクリエイターが表紙イラストを作成しています。

■5月1日から1日1作品の「無料ダウンロードキャンペーン」を展開

短編小説「ガラシャ物語」シリーズの出版記念として、5月1日より無料ダウンロードキャンペーンを展開します。
キャンペーン期間中は、全36作品から1日1作品ずつ、Kindleストアでの販売価格が無料になります。

■『ガラシャ物語全集』目次

『ガラシャ物語全集』は、前半に著名作家の作品、後半に公募作品を配し、前後半それぞれに旧国名での地域区分を設け、洛中、山城国、丹波国、丹後国の順に並べています。
地域区分内の作品の配列はおおよその時系列順となっています(以下、敬称略)。

全集カバーイラスト:TaMa

●目次[著名作家の作品](著者名/イラスト担当者名)

【洛中】
1「光秀の自転車」(遠藤 徹/近藤 宗臣)

【山城国】
〈長岡〉
2「狂想」(花房 観音/toMoka)
3「花も花なれ、人も人なれ」(小林 泰三/近藤 宗臣)
4「花のあしあと」(鏑木 蓮/綿貫)
5「勝竜寺城合戦記」(奥田 哲也/夜乃 雛月)

〈山崎〉
6「うちでとこづち」(三輪 チサ/近藤 宗臣)

【丹波国】
〈亀岡〉
7「行軍ブラザーズ」(寒竹 泉美/大前 壽生)

〈福知山〉
8「築城奇譚」(斎藤 肇/西野 由希恵)

【丹後国】
〈宮津〉
9「決別」(宮木 あや子/はらん)
10「夜明けの道」(安部 龍太郎/しらたん)

〈味土野(みどの)〉
11「味土野へ」(安部 龍太郎/嵯峨 雅彦)
12「ちりぬべき」(斎藤 肇/TaMa)
13「狂恋」(花房 観音/toMoka)
14「味土野にて」(タタツ シンイチ/綿貫)

〈田辺(舞鶴)〉
15「文武の才」(斎藤 肇/佐川 明日香)

●目次[公募作品](著者名) カバーデザイン:はらん

【山城国】
〈長岡〉
16「カンパニュラ エヴァンジール ―桔梗の福音―」(織倉 ひずみ)
17「水面に映るおもかげの花」(山本 タク)
18「城跡の宴」(剣先 あやめ)
19「細川忠興、隣にガラシャ」(寺本 ららら)
20「桜」(蒼 隼大)
21「Go Go Round This World!」(空虹 桜)

〈山崎〉
22「吉兆のはばたき」(氷月 あや)
23「桔梗の花」(松本 大地)
24「夢のはなし」(原 瑚都奈)
25「勝ち鬨(かちどき)」(石井 青)
26「合戦の真実」(真崎 大矢)

【丹波国】
〈亀岡〉
27「尾羽に導かれて」(百句鳥)

〈福知山〉
28「心の旅」(石田 隆)

【丹後国】
〈宮津〉
29「きっと僕は甘いのだ」(黒沢 文章)

〈味土野〉
30「散花(ちるはな)」(矢口 慧)
31「白蛇と花」(久島 岩伸)
32「代わり華」(黒沢 文章)

〈田辺(舞鶴)〉
33「閑話」(尾崎 恵子)
34「此花(このはな)」(矢口 慧)
35「想像記」(黒沢 文章)

〈琴引浜〉
36「玉子(タマコ)のキモチ」(道三)

■スマホやiPadで読む、京都フラワーツーリズムの「まちおこし小説」

京都フラワーツーリズム推進協議会は、iPhoneアプリやスマートフォンアプリ、ウェブサイトなどを通じて、地域の魅力を描いた「まちおこし小説」を全国に向けて発信しています。

「まちおこし小説」は、ロケーション情報(GPS座標)を持つ短編小説、というスタイルで書き下ろされています。
一例として、iPhoneアプリ「ノベルなび」で配信中の作品群があります。
[URL]https://itunes.apple.com/jp/app/id422257610?mt=8

街角で足を止め、スマートフォンやiPadでアプリを起動し、あるいはウェブサイトを表示すれば、実在する名所旧跡やお店や路地を舞台にした短編の「まちおこし小説」を読むことができます。
同時に、「まちおこし小説」に付随するロケーション情報によって、物語の舞台がグーグルマップ上に示されます。

スマートフォンやiPadで発信する「まちおこし小説」は、いつでもどこでも読書ができるという手軽さに加え、GPS機能を利用して「物語と現実のリンク」を可能にする、新しい形の文学エンターテインメントです。

[参考]まちおこし小説「ノベルなび」のサイト http://novelnavi.net/


●京都フラワーツーリズム推進協議会について

-京の四季の花の美しさを満喫していただき、また同時に地域の素晴らしい観光の魅力も味わっていただきたい-

・設立:2008年10月14日

・目的:京都の四季折々の花の開花状況や地域の観光の魅力などについて、外国人観光客を含めた多くの方々にリアルタイムに情報提供・案内を行い、観光誘客の促進と地域の振興を図っていきます。

・会員:社団法人京都府観光連盟、京都府、亀岡市、八幡市、社団法人宇治市観光協会、京都歴史回廊協議会、立命館大学、京都嵯峨芸術大学、ハイアット リージェンシー京都、近畿日本ツーリスト株式会社、エムケイ株式会社、中井タクシー、株式会社らくたび、ソフトバンクモバイル株式会社、オリンパス株式会社、フォン・ジャパン株式会社、京都フラワーツーリズム合同会社、日本システム開発株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、株式会社パスコ、嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会

・オブザーバー:宇治市、城南宮、日産自動車株式会社

〈本件に関するお問い合わせ先〉
京都フラワーツーリズム推進協議会
お問合せフォーム:http://flowertourism.net/otoiawase
担当:高木 (090-1133-1358)
Mail:info@flowertourism.net
http://www.pro-essay-writer.com

コメントは受け付けていません。